2010年05月18日

小沢氏 特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件を巡り、15日に行われた東京地検特捜部による小沢氏の再聴取で、特捜部から小沢氏に約50の質問が行われたことが分かった。大半は事件で起訴された元秘書らの供述に関するもので、小沢氏は政治資金収支報告書の虚偽記載への関与を全面否定した。聴取は当初3時間の予定だったが、小沢氏が調書の記載の修正を申し入れたことなどで約1時間半オーバーしたという。

【写真特集】小沢ショック:秘書逮捕から代表辞任まで

 特捜部は17日午後、収支報告書の提出時に「小沢氏に相談した」などと供述していた元秘書の衆院議員、石川知裕被告(36)からも事情を聴取、小沢氏の指示の有無などを改めて確認する。

 小沢氏の聴取は3回目で、東京第5検察審査会の「起訴相当」議決を受けた再捜査の一環。過去2回と同じ検察官が担当し、東京都内のホテルで午後5時ごろから行われた。

 検察官は、04年分の収支報告書の提出時に石川議員が小沢氏に報告・相談したと供述したことや、05年分の提出時に元秘書の池田光智被告(32)が小沢氏に説明し了承を得たなどと供述したことについて小沢氏に確認。いずれについても小沢氏は「なぜ元秘書がそのようなことを言うのか理解できない」などと否定したとされる。こうしたやり取りを中心に、検察官は約50の質問をしたという。

 予定の3時間で質疑応答をほぼ終えたものの、検察官が供述調書にまとめて小沢氏に確認を求めた際、小沢氏から記載内容の部分的な修正が求められたことなどから調書作成に時間がかかり、結局、聴取を終えたのは約4時間半後の午後9時半ごろ。作成された調書は1通だけという。

 特捜部は18日に元公設第1秘書の大久保隆規被告(48)と池田元秘書からも事情を聴いたうえで、小沢氏の刑事処分を最終判断するとみられる。

【関連ニュース】
【写真特集】小沢ショック
【写真特集】■明快図説■民主党の党内人脈図
<関連記事>陸山会事件:石川議員「形式犯」主張 毎日新聞単独取材に
<関連記事>陸山会事件:小沢氏3度目聴取 月内「不起訴」も
<関連記事>民主・山岡氏:「小沢氏は不起訴」

トラックと後続車にはねられ、54歳女性死亡(読売新聞)
<淀川女性遺体>共済型保険2100万円 08年変死親族も(毎日新聞)
ポリ袋から別人の毛髪…大阪・高槻の死体遺棄(読売新聞)
元教官、二審は執行猶予=少年院の収容者暴行−広島高裁(時事通信)
“脱走”クジャク、飼い主はどっち? 男性2人が名乗り(産経新聞)
posted by テラオ ヒサコ at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

舛添氏、谷氏にチクリ「両立難しい」…新党改革初の街頭演説(スポーツ報知)

 新党改革の舛添要一代表(61)が10日、新党旗揚げ後、初の街頭演説を徳島市内で行った。会見では、民主党から今夏の参院選に立候補する谷亮子(34)が柔道の現役続行を表明したことに「両立は難しい」とチクリ。“二足のわらじ”を容認した上で擁立した民主党・小沢幹事長の剛腕戦術に、クギを刺した格好だ。

 自身も政界入り前、政治評論家としてテレビなどで活躍した舛添代表。「スポーツ選手であれタレントであれ、優秀な方は優秀。最後は有権者が決めることなので、それでダメということはない」と、著名人の立候補自体は否定しなかった。しかし、「1年生議員の時から様々な公務がある。両立できれば立派だけど、私の経験からしても難しい」との見方を示した。

 今夏の参院選に比例代表20人、選挙区10人の擁立を目指す新党改革。7日にホームページを立ち上げ、立候補者の公募を急ピッチで進めている。舛添代表は「自薦、他薦を含め、着実にいい候補者が集まりつつある」と自信を見せており、25日にも第1次の公認候補を発表したい考えだ。

 この日は徳島選挙区から立候補予定の同党・小池正勝政調会長(58)とともに徳島入り。国会議員定数の半減や年金制度改革を訴え「明治維新はお隣、土佐から始まった。我々はここ阿波、徳島から改革の第一歩を記したい」と気勢を上げた。

 【関連記事】
舛添氏、新党改革旗揚げ後初の講演「中選挙区制を」
たちあがれ日本、舛添氏と連携も

普天間移設決着「5月末は変えない」 鳩山首相が強調(産経新聞)
空き家物置に女性遺体=死体遺棄で捜査−静岡県警(時事通信)
雑記帳 五十鈴川の伏流水使った「横丁サイダー」人気(毎日新聞)
首相「公約というのは選挙の時の等の考え方」(産経新聞)
立候補予定の4氏出席へ 中野区長選、あす公開討論会(産経新聞)
posted by テラオ ヒサコ at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

名古屋市議会 恒久減税など再提案 可決可能性低く(毎日新聞)

 名古屋市議会臨時会が19日開会した。河村たかし市長は、「主権在民3部作」と位置づける市民税減税の恒久化▽議員報酬の半減▽地域委員会拡大のための補正予算−−の3議案を提案した。いずれも2月定例会で修正・否決されたばかり。河村市長は異例の年度初めの臨時会招集でリベンジを図るが、この3議案が可決される可能性は低い。

 河村市長はこの日の市幹部会で「議会の向こうの市民225万人の方を向いて、究極の情報公開のつもりで臨みたい」と議会に挑む決意を表明した。

 議会で市長は「私の最も根本となる施策が圧倒的多数で修正・否決され、心の底から憤りや民主主義の危機を感じた」と臨時会招集の理由を説明。2月定例会では、議員報酬半減案とセットで議員定数半減案も提案したが「(定数が)現状で良いという認識はないが、民意の収束を待って別の機会に」と、定数半減案の提案を今回見送ったことを釈明した。

 2月定例会の閉会から1カ月もたたないうちの臨時会招集について議会内には疑義を唱える声も多い。議会側は16〜18日、市民向け議会報告会を開催したばかり。【高橋恵子】

【関連ニュース】
名古屋市議会:条例に基づく初の報告会 市民100人参加
名古屋・河村市長:持論展開「減税しないと天下り天国に」
河村名古屋市長:応援団長に俳優の菅原文太さん
名古屋市議会:主要会派、ビラ全戸配布へ「市民の理解を」
名古屋市臨時会:19日招集 定数維持、報酬半減案調整も

新党「たちあがれ日本」旗揚げ 民主打倒/日本復活/政界再編(産経新聞)
「谷垣総裁辞めて」自民埼玉県連で厳しい声続々(読売新聞)
懲罰委員長に浅野氏内定=自民(時事通信)
民主「飛んでイスタンブール」庄野真代さん擁立へ(産経新聞)
<北海道4歳児虐待死>否認の男に懲役8年 旭川地裁判決(毎日新聞)
posted by テラオ ヒサコ at 01:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。