2010年05月29日

「緊張感持ち実践的訓練を」=APEC控え警備課長会議―警察庁(時事通信)

 警察庁は28日、全国警察本部の警備課長を集めた会議を都内で開いた。同庁の安藤隆春長官は、6月から11月にかけて日本各地で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)をめぐり、公共交通機関などの警戒警備を徹底する必要があると指摘。「本番さながらの緊張感を持ち実践的訓練に取り組んでほしい」と訓示した。
 安藤長官は、同会議を狙ったテロや暴動を未然に防止するための情報収集・分析の徹底を指示。空港や港の警備を強化し、海外からのテロリストの侵入などを防ぐことも求めた。
 また、韓国の哨戒艦沈没事件に関連して、北朝鮮をめぐる情勢が緊迫していると強調。強い危機感を持つとともに、政府の制裁措置の実効性を確保するため、北朝鮮への不正輸出事件の取り締まりを徹底するよう指示した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】緊迫!朝鮮半島〜哨戒艦事件、北魚雷攻撃と断定〜
〔写真特集〕世界のミサイル
〔写真特集〕最近の金正日氏〜奇跡の復活〜
〔写真特集〕若き日の金正日氏〜知られざる素顔〜

<事業仕分け>競輪2事業「廃止」…後半3日目(毎日新聞)
大阪高裁長官 大野氏に決定(産経新聞)
傷害罪の成否カギ シー・シェパード元船長、きょう初公判(産経新聞)
<岐阜県>産廃施設許可取り消し 住民への説明会なく(毎日新聞)
新デザイン、新エンジンで生まれ変わったBMW X5(Business Media 誠)
posted by テラオ ヒサコ at 10:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

旧日本軍遺棄の毒ガス被害、中国人の請求棄却(読売新聞)

 中国・黒竜江省チチハル市で2003年、旧日本軍が遺棄した化学兵器により住民が死傷した事故で、被害を受けた中国人とその遺族計48人が、日本政府に慰謝料など約14億3440万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であった。

 山田俊雄裁判長は「事故発生時までに、毒ガス兵器が遺棄された可能性のある全地域を調査することは困難で、事故を未然に防止することはできなかった」と述べ、原告側の請求を棄却した。原告側は控訴する方針。

 原告は、同市内のマンション建設現場から03年8月に掘り起こされたドラム缶から漏れた毒ガス溶剤で、1人が死亡、43人が皮膚のただれなどの被害を受けたとして、07年1月に提訴していた。

連立維持へ社民説得=鳩山首相(時事通信)
神戸地裁前で焼身自殺の男性死亡(産経新聞)
「すき間ない救済目指す」 大阪にアスベスト研究拠点 (産経新聞)
事業仕分け 4割強が「一者応札」 建設8団体(産経新聞)
<濃霧>九州北部で発生 関門海峡は入航中止(毎日新聞)
posted by テラオ ヒサコ at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

小沢氏 特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件を巡り、15日に行われた東京地検特捜部による小沢氏の再聴取で、特捜部から小沢氏に約50の質問が行われたことが分かった。大半は事件で起訴された元秘書らの供述に関するもので、小沢氏は政治資金収支報告書の虚偽記載への関与を全面否定した。聴取は当初3時間の予定だったが、小沢氏が調書の記載の修正を申し入れたことなどで約1時間半オーバーしたという。

【写真特集】小沢ショック:秘書逮捕から代表辞任まで

 特捜部は17日午後、収支報告書の提出時に「小沢氏に相談した」などと供述していた元秘書の衆院議員、石川知裕被告(36)からも事情を聴取、小沢氏の指示の有無などを改めて確認する。

 小沢氏の聴取は3回目で、東京第5検察審査会の「起訴相当」議決を受けた再捜査の一環。過去2回と同じ検察官が担当し、東京都内のホテルで午後5時ごろから行われた。

 検察官は、04年分の収支報告書の提出時に石川議員が小沢氏に報告・相談したと供述したことや、05年分の提出時に元秘書の池田光智被告(32)が小沢氏に説明し了承を得たなどと供述したことについて小沢氏に確認。いずれについても小沢氏は「なぜ元秘書がそのようなことを言うのか理解できない」などと否定したとされる。こうしたやり取りを中心に、検察官は約50の質問をしたという。

 予定の3時間で質疑応答をほぼ終えたものの、検察官が供述調書にまとめて小沢氏に確認を求めた際、小沢氏から記載内容の部分的な修正が求められたことなどから調書作成に時間がかかり、結局、聴取を終えたのは約4時間半後の午後9時半ごろ。作成された調書は1通だけという。

 特捜部は18日に元公設第1秘書の大久保隆規被告(48)と池田元秘書からも事情を聴いたうえで、小沢氏の刑事処分を最終判断するとみられる。

【関連ニュース】
【写真特集】小沢ショック
【写真特集】■明快図説■民主党の党内人脈図
<関連記事>陸山会事件:石川議員「形式犯」主張 毎日新聞単独取材に
<関連記事>陸山会事件:小沢氏3度目聴取 月内「不起訴」も
<関連記事>民主・山岡氏:「小沢氏は不起訴」

トラックと後続車にはねられ、54歳女性死亡(読売新聞)
<淀川女性遺体>共済型保険2100万円 08年変死親族も(毎日新聞)
ポリ袋から別人の毛髪…大阪・高槻の死体遺棄(読売新聞)
元教官、二審は執行猶予=少年院の収容者暴行−広島高裁(時事通信)
“脱走”クジャク、飼い主はどっち? 男性2人が名乗り(産経新聞)
posted by テラオ ヒサコ at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。